UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10454

タイトル: 38. Explosive Activities of Volcano Kusatu-Sirane during 1937 and 1938.(Part I)
その他のタイトル: 38. 最近の草津白根火山の活動(其の1)
著者: Minakami, Takeshi
著者(別言語): 水上, 武
発行日: 1939年9月20日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第17冊第3号, 1939.9.20, pp.590-623
抄録: 昭和12年11月27日に初まつた白根火山の爆發は昭和13年2月迄に最も著しい活動をなし,以後やヽ平靜となつたが,9月下旬より再び多少の活動を示し,10月5日にやヽ著しい爆發が起り,以後今日(昭和14年2月)に至るも未だ平穩とならず,多量の瓦斯の噴出と共に湯釜附近に火山灰を散布する狀態を示して居る.今回の爆發は總べて湯釜内の略中央を東南より西北に向ふ直線狀の裂罅に沿ふて發生した.昭和7年10月に發生せる爆發群とはその地表に於ける位置の上からは別個の裂罅上に發生せるものである.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10454
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0173007.pdf4.52 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください