UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10458

タイトル: 42. 昭和14年5月男鹿半島地震の地變
その他のタイトル: 42. On the Earthquake Fissures that occurred on May 1st, 1939 in the Ogasima Region, Akita Prefecture, Japan
著者: 大塚彌之助
著者(別言語): Otuka, Yanosuke
発行日: 1939年9月20日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第17冊第3号, 1939.9.20, pp.650-660
抄録: On May 1st, 1939, a strong earthquake was felt in the Ogasima region, Akita prefecture. In this paper the writer describes the ground disturbances which were formed by this earthquake. For convenience, the ground disturbances have been grouped by locality as follows: (1) Kitaura region, (2) Kotokawa region, (3) Northern Katanisi-mura. (1) The ground disturbance of the Kitaura region is a large land slide that slipped down to the sea along the bedding plane of the Kitaura sand and mud alternation of the Middle Neogene.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10458
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0173011.pdf1.61 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください