UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10468

タイトル: 52. 火山彈の形態及び構造,特に富士火山産 : 玄武岩質火山彈の本源に關する一考察
その他のタイトル: 52. On the Form and Structure of Volcanic Bombs, with Special Reference to the Origin of the Basaltic Bombs from Volcano Huzi (Fuji)
著者: 津屋, 弘逵
著者(別言語): Tsuya, Hiromichi
発行日: 1939年12月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第17冊第4号, 1939.12.30, pp.809-825
抄録: The basaltic bombs from Volcano Huzi are multifarious in shape as well as in inner structure. So far as the specimens collected by the writer from four localities (H, K, M, and Z―I in Fig. 1) on the volcano are concerned, they are divided, according to shape, into fourteen types as follows. 1. Spindle-shaped bombs.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10468
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0174010.pdf2.55 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください