UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10472

タイトル: Temperature Distribution within a Semi-gaseous Earth. Part III.
その他のタイトル: 半瓦斯状地球に於ける温度分有(第3報)
著者: Sezawa, Katsutada
Kanai, Kiyoshi
著者(別言語): 妹澤, 克惟
金井, 淸
発行日: 1940年3月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第18冊第1号, 1940.3.30, pp.27-40
抄録: 地球が太陽系の中から瓦斯状のままでとび出たとしても,その瓦斯状各部の温度と各部の壓力に相當する液化點との關係によつて瓦斯状のままで長く留り難い事は前2回の報告に示した通りである.實際問題としては輻射によつて温度が急激に下り,氣體の状態が長く續かない譯であるが,我々の研究では,それを別にしても液化し勝ちである事を示したのである.この前の研究は数式をもつて容易に計算し得る場合のみであつたが,今回はEmdenの試みた圖式計算法を液状核がある場合に適當せしめる事によつて稍一般的な場合を取扱つたのである.又,瓦斯が高温の場合にイオン化する結果として物質の分子量が減少する事をも計算,に入れて見たのである.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10472
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0181003.pdf769.94 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください