UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10494

タイトル: チリー國震災視察報文
その他のタイトル: The Great Chilean Earthquake of January 24, 1939.
著者: 齊田, 時太郎
著者(別言語): Saita, Tokitaro
発行日: 1940年9月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第18冊第3号, 1940.9.30, pp.446-459
抄録: The writer visited Chile in order to investigate the great earthquake that occurred in the central part of that country on January 24, 1939. As six months had elapsed since the earthquake took place, at the time the writer arrived there he naturally could not witness any actual earthquake phenomena in progress, but there were never-theless a number of things regarding the earthquake that he observed during his visit there which have been described elsewhere under the following heads:
URI: http://hdl.handle.net/2261/10494
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0183007.pdf1.38 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください