UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10496

タイトル: A Fault Surface or a Block Absorbs Seismic Wave Energy.
その他のタイトル: 斷層面又は地塊は地震波の勢力を吸収する
著者: Sezawa, Katsutada
Kanai, Kiyoshi
著者(別言語): 妹澤, 克惟
金井, 淸
発行日: 1940年12月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第18冊第4号, 1940.12.30, pp.466-482
抄録: 地殻に斷層面があつてその面に摩擦抵抗があるときには,その面の兩側の地殻が完全な彈性體であつくも,地震波の勢力の一部分がこの面で吸収される事を確めたのである.而も最もよく吸収されるのは摩擦抵抗の係數が中位のときであつて,この抵抗係數が無限に大きくなると勢力の吸収が反て無くなる.斷層面が地塊を形作る場合でも,發散する勢力や地塊の振幅は決して無暗に大きくならず,與へられた地震波のそれの程度以下になる.地震波が斷層面に向つて斜に傳播するときには斷層面に於ける地震波の勢力の吸収は横波が斷層面に向つて直角に進むとき程に大きくない.ラブ波が斷層を横切るときの勢力の吸収は横波の場合によく似てをる.波長の違ひが吸収に及ぼす影響はそれ程著しくはないが,ただ下の層の剛性が非常に高いときに長い波が斷層を横切ると,斷層面の抵抗如何に拘らず,勢力の吸収が起らね.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10496
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0184001.pdf895.93 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください