UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10499

タイトル: A Supplement to A.W. Lee's paper-"A World-wide Survey of Microseismic Disturbances recorded during January, 1930."
その他のタイトル: 東京本郷に於ける西暦1930年1月中の地の脈動
著者: Kishinouye, Fuyuhiko
著者(別言語): 岸上, 冬彦
発行日: 1940年12月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第18冊第4号, 1940.12.30, pp.507-513
抄録: 東京本郷にある地震學教室に於いて観測する地の脈動の振幅は何時も他の場所よりも大きい様である.筆者は昭和13 (1938)年10月21日に起つた著しく大きな脈動を調べた時に,其處から南約3km麹町にある中央氣象臺の地震計では特別に大きくはなかつたと聞いた.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10499
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0184004.pdf373.75 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください