UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10515

タイトル: Characteristics of Deposits formed by Pumice Flows and Those by Ejected Pumice.
その他のタイトル: 軽石流堆積物と抛出軽石堆積物との差異に就いて
著者: Kuno, Hisashi
著者(別言語): 久野, 久
発行日: 1941年3月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第19冊第1号, 1941.3.30, pp.144-149
抄録: 昭和4年北海道駒ケ岳火山噴火の際,抛出された軽石の一部は風で運ばれて,火山體の東南斜面に廣く堆積し,他の一部は北方・西方・西南方に斜面を流下して軽石流を形成し,火山體の麗に扇状の堆植物を生じた.之等2種の堆積物の各々には,その表面の性質並びに内部構造に於いて明瞭な差異が認められる.之等の差異は其等堆積物の堆積機構の相異によつて生じたものと説明される.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10515
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0191010.pdf941.78 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください