UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10516

タイトル: Transmission of Arbitrary Elastic Waves from a Spherical Source, Solved with Operational Calculus. I.
その他のタイトル: 演算法を應用せる任意形彈性波の傅播の問題(第1報)
著者: Sezawa, Katsutada
Kanai, Kiyoshi
著者(別言語): 妹澤, 克惟
金井, 淸
発行日: 1941年6月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第19冊第2号, 1941.6.30, pp.151-161
抄録: 演算法を用ひて球源から任意形彈性波が出る間題を可なり簡單に解く事ができた.殊に球源が不動状態から急に動き始める場合は最も容易に取扱はれ得るのである.この様な場合の數學的解は強制振動部分と自由振動部分とから成立ち,自由振動の波の繰返し振動周期と減衰係數とは球源の大きさと周圍の弾性的性質に關係する事がわかる.球源附近と遠方での地雲初動の押しと引きとは源點での壓力と張力に關係するけれども,その押し及び引きの繼續時間の割合は發生する波の波長により波長の範圍以上に渉つて可なり變化する.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10516
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0192001.pdf462.24 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください