UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10524

タイトル: 東京市内水準改測の成果
その他のタイトル: Requite of Relevelling in Tokyo, in 1940.
著者: 宮部, 直巳
福西, 淸治
著者(別言語): MIYABE, Naomi
HUKUNISI, Seizi
発行日: 1941年6月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第19冊第2号, 1941.6.30, pp.248-259
抄録: In order to measure the vertical displacements of bench-marks in a region, like Tokyo, which is sinking at the rapid rate of nearly 10cm per year and more, the interral separating consecutive levellings should be made as short as possible.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10524
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0192009.pdf604.67 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください