UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10529

タイトル: On the Initial Movement of a Seismograph subjected to an Arbitrary Earthquake Motion, Solved with Operational Calculus. II.
その他のタイトル: 演算法によりて解いた地震計の初動問題について(第2報)
著者: Sezawa, Katsutada
Kanai, Kiyoshi
著者(別言語): 妹澤, 克惟
金井, 淸
発行日: 1941年9月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第19冊第3号, 1941.9.30, pp.443-457
抄録: 前報告の續きとして少しく複雑なる場合,即ち地動が一定の過渡的運動の後に一定の變位状態になる場合や,このやうな一定變位が繰返される場合を研究した.過渡的運動に要する時間をhとし地震計の週期を2π/nとすれば,nh/2=tannh/2なる關係のときに過渡的運動後の地震計の振幅が極大となるが,その最大振幅はnh=0のときに起る,従てここに擧げた共振的の運動は力學上のそれでなく,單に振子の運動の位相の關係から起るものに過ぎない.最初不動状態から始まつた地動の變位が繰返して行はれる場合には振子が遂に共振状態に入る.而も之は強制振動と自由振動とから成立ち,何れも大振幅となるのである.強制振動のみの場合にはフーリエ分析でも出す事ができるけれども不動状態から始まる場合には只今の方法の方が便利である.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10529
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0193002.pdf1.06 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください