UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10540

タイトル: Measurement of Changes in Magnetic Susceptibility of Igneous Rocks with Temperature in a Weak Magnetic Field
その他のタイトル: 岩石の帯磁率の温度に因る變化の測定
著者: Nagata, Takesi
著者(別言語): 永田, 武
発行日: 1941年9月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第19冊第4号, 1941.9.30, pp.579-596
抄録: 岩石の帯磁率の温度による變化を知る事は地殻の磁性を論ずるには是非共必要な事である.岩石が磁場内で温度變化を爲す時は一般に熱殘留磁気の生成,消滅が起きるので,この影響をさける爲に磁場逆轉に依る彈動法を用びて,帯磁率の温度による變化の測定を爲した.種々の測定誤差が伴ふので,結局の測定誤差は比帯磁率の絶對値に於いて最高3×10-5である.従つて10-3の比帯磁率の測定には3%の誤差を伴ふ.但し測定に用ひた磁場の強さは1・5乃至2・2 Oersted である.然しこの様な測定の結果に於いても,岩石の帯磁率の温度による變化をかなり詳しく求める事が出來た.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10540
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0194004.pdf1.22 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください