UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10541

タイトル: On the Form and Structure of Volcanic Bombs from Volcano Miyake-sima
その他のタイトル: 三宅島産火山彈の形態及び構造に就いて
著者: Tsuya, Hiromichi
著者(別言語): 津屋, 弘逵
発行日: 1941年9月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第19冊第4号, 1941.9.30, pp.597-611
抄録: 筆者は先に富士火出産玄武岩火山彈の形態及び構造を研究し,それ等の本源が火山彈として抛出される前の噴火口内熔岩の流状構造に求められることを推論した.本文では更に三宅島産火山彈の形態及び構造を觀察した結果を掲げ,此の場合にも同様の推論を成し得る幾多の事實のあることを述べた.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10541
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0194005.pdf2.39 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください