UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10542

タイトル: Magnetization of the New Lava-Flows of Miyakesima Island.
その他のタイトル: 三宅島新熔岩流の帯磁
著者: Minakami, Takeshi
著者(別言語): 水上, 武
発行日: 1941年9月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第19冊第4号, 1941.9.30, pp.612-618
抄録: 昭和15年7月12日三宅島に著しい火山活動が起り,熔岩流の流出,寄生火山の成生等の火山現象が現はれた.その詳細は既に津屋博士其の他によつて報告されて居る.筆者は昭和15年7月,10月,及び翌16年5月に同島に於いて磁氣伏角の測定を行つた.その際,ヨリダイ澤,赤場暁の新熔岩流の極めて近い點に於ける伏角の變動を測定し,熔岩の冷却と共に熔岩の帯磁の進行する状況を知る事が出來た.即ち熔岩流は地球磁気の方向に帯磁し,その強さ約O・012(C.G.S.)である事が判つた.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10542
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0194006.pdf687.77 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください