UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10545

タイトル: 昭和16年7月15日長野地震の家屋被害に就て
その他のタイトル: On ihe Damage to Buildings in the Nagano Earthquake of July 13, 1941.
著者: 金井, 淸
著者(別言語): Kanai, Kiyoshi
発行日: 1941年9月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第19冊第4号, 1941.9.30, pp.647-660
抄録: The present paper is a report of the damage to buildings in the Nagano earthquake that occurred on July 15, 1941, with a theoretical discussion. With the kind assistance of Mr. Kodaira, the writer examined the seismic region during the period from July 17 to July 23, which had an area of about 10km in dia. consisting of nine villages, situated north-east of Nagano city, and quite close to it. The buildings in the seismic region are mostly farm houses together with granaries and sheds. The investigation in the field was made from the point of view of the dynamical theory of seismic vibration of a structure that we had developed recently.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10545
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0194009.pdf1.76 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください