UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10547

タイトル: 秋田縣男鹿半島附近震災地三角點水準點復舊測量記事
その他のタイトル: Results of Revisions of Triangulation and Levelling in the Neiglibourhood of Ogasima, Akita Prefecture.
著者: 陸地測量部
発行日: 1941年9月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第19冊第4号, 1941.9.30, pp.671-682
抄録: The region in the neighbourhood of Ogasima, Akita Prefecture, was remarkably deformed by the destructive earthquake of May 1, 1939. Triangulation was revised in this region in 1940, and the horizontal displacements of 39 triangulation points, including 6 primary points, 5 secondary points, and 28 tertiary points, were measured. At 8 points, marks were destroyed, and their displacements were not found.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10547
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0194011.pdf547.16 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください