UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10552

タイトル: 5. On the Distribution of Volcanic Ejecta(Part I.) : The Distributions of Volcanic Bombs ejected by the Recent Explosions of Asama
その他のタイトル: 5. 火山噴出物の分布(其の1) : 最近の淺間火山の爆發により噴出せる火山彈の落下分布
著者: Minakami, Takeshi
著者(別言語): 水上, 武
発行日: 1942年3月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第20冊第1号, 1942.3.30, pp.65-92
抄録: In violence, the explosion of June 7, 1938, was the most remarkable within recent years. The total mass of ejecta, the initial velocity of ejecta, the kinetic energy of ejection, and the pressure are 3.8×10^8kg, 212.5m/sec, 1.7×10^<20>erg, and 563 atm. pres. respectively. It is supposed that this explosion is the upper limit in magnitude for the Asama volcano, with the exception of catastrophic activity, such as the explosions of the Temmei era. The magnitude of Asama explosions, as frequently displayed in the recent activities which will probably be repeated a number of times hereafter, is less than 150m/sec in its initial velocity, lower than 300 atm. pres. in the pressure, and less than 10^<19>ergs in kinetic energy. In conclusion, the writer wishes to record here his indebtedness to the Hattori Hokokai, to the Foundation for the Promotion of Scientific and Industrial Research of Japan, and to the Department of Education, with the aid of whose grants the present study was made possible.
昭和10年4月より昭和16年12月に至る約6年の間に淺間火山は300囘以上の爆發が發生した.その中最も顯著な昭和10年4月20日,同12年4月16日,及び同13年6月7日の爆發で噴出した火山彈の落下域を調査した.又之等の火山彈噴出の際の速度を空氣の抵抗及び風の影響を考慮に入れて計算した.その結果,同じ爆發で噴出した多數の火山彈は略等しい初速度を以つて噴出した事が判つた.又火山彈落下域の形は火口の深さ,及び火口底に於ける爆發發生の位置と火口縁の相對的位置によつて定まる事が判つた.更に爆發前後に行つた火口内の地形測量の結果及び落下火山彈及び落下火山灰の調査から噴出せる熔岩量を定めた.その結果爆發に働いたKinetic energyを求めた.又爆發時の壓力と噴出物の速度との間にBernoulliの法則が成立するものと考へて,その壓力を求めた.その結果,最近10年間に於ける最大の爆發は昭和13年6月7日の爆發であつて噴出物の初速度 212・5米/秒 噴出物の質量 3・8×10^<11>瓦 爆發時の壓力 563氣壓 爆發のエネルギー 1・7×10^<20>エルグと云ふ結果になつた.比較的頻繁に發生する爆發の壓力,エネルギーは,200氣壓,0・7×10^<19>エルグ程度のものである.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10552
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0201005.pdf2.48 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください