UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10558

タイトル: 11.火山噴氣作用市に因る玄武岩の二次的熔融
その他のタイトル: 11. Secondary Melting of Basaltic Ejecta by Volcaic Exhalations
著者: 津屋, 弘逵
著者(別言語): Tsuya, Hiromichi
発行日: 1942年3月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第20冊第1号, 1942.3.30, pp.154-161
抄録: In this paper the author calls attention to two evidences showing that it is possible for volcanic exhalations to generate sufficient heat to remelt basaltic ejecta. One of these evidences is a basaltic glass which found at the summit of Volcano Huzi, as a thin incrustatinn lining the crevices and hollows, leaving traces of former fumaroles, and the other an unusual type of lava tree-moulds, which are found the bed, of scoriaceous lapilli that were ejected in the 1940 eruption from severl parasitic openings on the northeast flank of Volcano Miyake-sima.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10558
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0201011.pdf1.12 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください