UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
東京大学教育学部教育行政学研究室紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/1056

タイトル: <調査報告>長野県勤評の過去と現在
その他のタイトル: Evaluation of Teachers in Nagano Prefecture; Past and Present
著者: 浦野, 東洋一
著者(別言語): Urano, Toyokazu
発行日: 1988年3月25日
出版者: 東京大学教育学部教育行政学研究室
掲載誌情報: 東京大学教育学部教育行政学研究室紀要. 7号, 1988.3, p.85-112
抄録: In 1957, the Ministry of Education in Japan asked local education authorities to evaluate teachers' work every year and showed the Ministry's plan for it. Japan Teachers' Union fighted against it severely. In 1959, the education authority in Nagano Prefecture ruled the system of evaluation different from the Ministry's plan. Nevertheless, many teachers resisted it, and Nagano Teachers' Union of Senior High School went to suit. But this suit was rejected finally in 1972 by the Supreme Court. After the negotiation for many years between the authority and teachers' unions, the evaluation was stopped in 1973. But in 1976, the authority ruled the new system of evaluation. This report aims to write the processes of the first and the second teacher evaluation problems.
URI: http://hdl.handle.net/2261/1056
ISSN: 02880253
出現カテゴリ:東京大学教育学部教育行政学研究室紀要
東京大学教育学部教育行政学研究室紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000126382.pdf2.17 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください