UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10560

タイトル: 13. 東京に於ける地盤沈下の研究 VI. : 土の機械的性質に關する一觀察
その他のタイトル: 13. A Mechanical Properly of Soil
著者: 宮部, 直巳
稻葉, 佳
著者(別言語): Miyabe, Naomi
Inaba, Yosi
発行日: 1942年3月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第20冊第1号, 1942.3.30, pp.172-191
抄録: Soil specimens taken from core borings in the Koto district of Tokyo, where the ground surface has subsided remarkably owing to shrinkage of the soil layer, was subjected to intermittent pressure of certain strength. With application of pressure, the specimen of the soil deformed, but, upon its release, much of the deformation remained unaltered. Cumulative application of intermittent pressure thus results in permanent deformation. Permanent deformation was found to be affected by the (i) water contents of the soil specimen, (ii) magnitude of pressure applied, (iii) time interval between successive applications of pressure, (iv) physical constituents of soil, i.e., mechanical ratio, etc. The possibility of invoking this result in explaining the phenomenon of ground sinking in the Koto district was discussed.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10560
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0201013.pdf1.35 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください