UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10620

タイトル: 15. 土壤中に於ける衝撃波の傳播 : 短週期彈性波の實驗(其の2)
その他のタイトル: 15. Propagation of Shock Wave in Soil-Experiments with Elastic Waves in the Ground. II.
著者: 岸上, 冬彦
岩間, 和夫
著者(別言語): Kishinouye, Fuyuhiko
Iwana, Kazuo
発行日: 1946年7月30日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第22冊第2/4号, 1946.7.30, pp.170-179
抄録: 彈性波の實驗的研究には,定常波に關するものが多く,衝撃波に關するものしとては傳播速度を求めたものはあつても,その性質を調べたものは少ない.井上宇胤・木村隼の兩氏は,重量15kgの鐵の圓壔を70cmの高さから地表又は地表に掘つた穴の上に落し,その時に生する周期0.025秒の地動の初動方向分布を調べ,又石本,那須・兩氏は杭打によつて生ずる地動の性質を調査された.振動計の震原からの距離は前者では0.5-2.5m,後者では8・5-28・5mであつた.筆者も重錘の落下による地動を調べたが,現在理論的の研究では不十分と思はれる.震原の近くにおける振動の性質を知るのを主なる目標とした.
Elastic waves generated by falling of an iron ball, which weighs 16 lbs., on loam were recorded with three geophones and electromagnetic oscillographs. The changes of wave-form with distance at every 5m between 0m and 30m are shown in figs.1-4. The attenuation of the maximum amplitudes is shown in fig.8. The attenuation curve drawn in full line was compared with the bloken curve which represents the reciprocal of the distance. The velocity of the first motion which may be regarded as that of P-wave was obtained as 290-310m/s in the average between 0-10m, and 260-300m/s between 0-30m. The velocity of the principal motion which may be hat of S-wave was obtained as 110-120m/s, and that of the maximum amplitude 85-95m/s.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10620
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0222007.pdf923.88 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください