UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10623

タイトル: 3. 磁氣制振器の制振力に就て
その他のタイトル: 3. On the Dampimg Force of a Magnetic Damper
著者: 力武, 常次
著者(別言語): Rikitake, Tsuneji
発行日: 1947年2月28日
出版者: 東京帝国大学地震研究所
掲載誌情報: 東京帝国大学地震研究所彙報. 第23冊第1/4号, 1947.2.28, pp.37-46
抄録: About ten years ago, Prof. Hagiwara has experimentally shown that the damping force f of a magnetic damper is given by the next expression f=(Cφ^2συD)/S where φ, σ, υ, D and S are total flux, specific conductivity, velocity, thickness of the metallic plate and area of the magnetic field respectively. By use of elliptic functions the writer proved theoretically this relation when the metallic plate and the magnetic field are both rectangular. The calculated value of C, which has no dimension, is about three times larger than its experimental value. This result is reasonable when we consider the effect of the leakage flux.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10623
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0231003.pdf445.96 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください