UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10635

タイトル: 9. 地震による木造家屋の被害度
その他のタイトル: 9. The Degree of Destruction of Wooden Houses by Earthquakes
著者: 宮部, 直巳
著者(別言語): Miyabe, Naomi
発行日: 1948年6月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第24冊第1/4号, 1948.6.30, pp.135-141
抄録: 1. In studying destructive earthquakes, the geographical destribution of the percentage of totally destroyed wooden houses is considered as ususl as a measure of the distribution of intensity of earthquake shocks. There are however many houses, being partially destroyed, which have not been taken into consideration in discussing the distribution of intensity of the earthquake shock. Recently, in studying the distribution of the intensity of shocks of the Tokai
URI: http://hdl.handle.net/2261/10635
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0241009.pdf353.06 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください