UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10636

タイトル: 10. 昭和21年3月の櫻島噴火
その他のタイトル: 10. The Erup'ion of Mt. Sakura-Zima in 1946
著者: 萩原, 尊禮
表, 俊一郎
村内, 必典
明石, 和彦
山田, 重平
著者(別言語): Hagiwara, Takahiro
Omote, Syun'itiro
Murauchi, Sadanori
Akashi, Kazuhiko
Yamada, Zyuhei
発行日: 1948年6月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第24冊第1/4号, 1948.6.30, pp.143-159
抄録: The volcano Sakura-zima began its activities early in March, 1946, and became calm late in May the same year. During that period, about two, and a half months, the volcano kept on smoking and welled out large quantity of fresh lava. Recieving the news of the eruption the writers went to the island carring with them four portable seismometers, a precise spirit level, a reflection telecamera and other instruments. Two of them stayed there to continue obsary ations and surveys of the eruptional phenomena till April 25.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10636
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0241010.pdf1.75 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください