UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10715

タイトル: 6. Petrogenic Meaning of the Occurrence of Spinel in Xenoliths
その他のタイトル: 6. 捕獲岩に見出される尖晶石の産状とその成因
著者: Morimoto, Ryohei
著者(別言語): 森本, 良平
発行日: 1950年10月20日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第28冊第1/2号, 1950.10.20, pp.101-108
抄録: 二上火山(大阪府南河内郡山田村,奈良縣北葛城郡二上村)産拓榴石黑雲母安山岩中の礬土質捕獲岩の變成過程に見られる尖晶石の消長と,各地火山岩,半深成岩中の捕獲岩中における尖晶石の産状について記載し,礬土質捕獲岩の變成過程の特徴を述べ,特に脱珪酸作用の重要性を論じた.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10715
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0281006.pdf1.6 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください