UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/10725

タイトル: 16. 日本における建物に震害を受けた度數の分布
その他のタイトル: 16. Distribution of Suffered Frequency of Earthquake Damage to House in Japan
著者: 金井, 清
吉澤, 靜代
著者(別言語): Kanai, Kiyoshi
Yoshizawa, Shizuyo
発行日: 1950年10月20日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第28冊第1/2号, 1950.10.20, pp.167-173
抄録: We have investigated the frequency at a place of damages inflicted on houses by earthquakes in Japan during the 1350 years from 599 to 1948. Figs.1-3 show the distribution of 29 earthquakes during 599-1191, of 51 earthquakes during 1192-1687 and of 51 earthquakes during 1688-1871. Figs.4 and 5 show the distribution of suffered number of damage more than 1% damage rate and of damage including slight one caused by 35 earthquakes during 1872-1948. Fig.6 shows the distribution of total sum of Figs.2-4, that is, 137 earthquakes during 1192-1948. These figures show us that the damages done by earthquakes to Japanese-style wooden houses depend not only on the passive seismicity number for destructive earthquakes but also largely on the nature of the superficial layer of the earth.
URI: http://hdl.handle.net/2261/10725
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0281016.pdf204.19 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください