UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
東京大学教育学部教育行政学研究室紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/1079

タイトル: 英国教師の勤務評定問題 : サッチャー政権による教育改革の研究
その他のタイトル: The System of Teacher Appraisal in England & Wales
著者: 浦野, 東洋一
著者(別言語): Urano, Toyokazu
発行日: 1990年7月31日
出版者: 東京大学教育学部教育行政学研究室
掲載誌情報: 東京大学教育学部教育行政学研究室紀要. 10号, 1990.7, p.1-9
抄録: Education (No.2) Act 1986 in Britain established that the Secretary of State may by regulations make provision requiring local education authorities to secure that the performance of teachers is regularly appraised in accordance with such requirements as may be prescribed. Japanese central government and almost all local governments also had introduced teacher appraisal about 33 years ago. The aim of this article is to see the the difference between teacher appraisal in England & Wales and in Jaoan.
URI: http://hdl.handle.net/2261/1079
ISSN: 02880253
出現カテゴリ:東京大学教育学部教育行政学研究室紀要
東京大学教育学部教育行政学研究室紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00001511829.pdf726.32 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください