UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
東京大学教育学部教育行政学研究室紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/1080

タイトル: キャンデルの内外事項区分論をめぐる諸理解 : 「比較教育」における区分論の位置と構造
その他のタイトル: Some Understandings about Theory of Division of Interna and Externa in I.L.Kandel : The Position and Structure of the Theory in "Comparative Education"
著者: 佐藤, 修司
著者(別言語): Sato, Shuji
発行日: 1990年7月31日
出版者: 東京大学教育学部教育行政学研究室
掲載誌情報: 東京大学教育学部教育行政学研究室紀要. 10号, 1990.7, p.11-25
抄録: A: Standard in Externa can be prescribed for equality of opportunity, but standard in Interna can't be set up and only prescription for guarantee of it can be approved, for education is not a commodity that can be standardized. B: The premise of the theory is (1) recognition of children's rights, (2) conversion of principles of educational practice, (3) perception of relation between a national culture, society and education, (4) view about democracy and equality of opportunity, state and administration. C: He rejected freedom of education as profession, science and technic in thought of new education, free education and progressive education. D: The object of the theory is not only bureaucratic control, but application of principles of efficiency in industrial and commfirr.ial organization.
URI: http://hdl.handle.net/2261/1080
ISSN: 02880253
出現カテゴリ:東京大学教育学部教育行政学研究室紀要
東京大学教育学部教育行政学研究室紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00001511830.pdf1.46 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください