UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
東京大学教育学部教育行政学研究室紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/1083

タイトル: 任意設置下における地方教育委員会制度の研究 : 大阪府堺市教育委員会の場合
その他のタイトル: A Study on Boards of Education Voluntarily Established : Case of Sakai City
著者: 山本, 由美
著者(別言語): Yamamoto, Yumi
発行日: 1990年7月31日
出版者: 東京大学教育学部教育行政学研究室
掲載誌情報: 東京大学教育学部教育行政学研究室紀要. 10号, 1990.7, p.57-67
抄録: Board of Education Law of 1948 prescribed that all prefectures and 5 big cities should establish the school board and that cities but for these big cities, towns, and words could establish the school board voluntarily. In this paper, I try to make the following questions, which has been unanswered, clear by investigating the case of Sakai City. 1) Why did they establish the school board voluntarily ? 2) What did the school board do ? Sakai City was the biggest of these cities and the activity of its school board was characterized by making its own curriculum in addition to the national curriculum.
URI: http://hdl.handle.net/2261/1083
ISSN: 02880253
出現カテゴリ:東京大学教育学部教育行政学研究室紀要
東京大学教育学部教育行政学研究室紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00001511833.pdf1.07 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください