UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
東京大学教育学部教育行政学研究室紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/1084

タイトル: 明治初年における地方制度と小学校運営 : 岡山県西北条郡山北村の事例から
その他のタイトル: The Study on the Roles of Villages in the Running of Schools in Early Meiji : Case Study on Yamakita - mura, Saihokujou-Gun, Okayama-Ken
著者: 谷, 雅泰
著者(別言語): Tani, Masayasu
発行日: 1990年7月31日
出版者: 東京大学教育学部教育行政学研究室
掲載誌情報: 東京大学教育学部教育行政学研究室紀要. 10号, 1990.7, p.69-78
抄録: It has been said that in the early years of the Meiji era Japanese Government neglected villages because they had been from the Edo period,but that afterward it recognized their important roles. But nowadays a scholar says that villages played important roles consistently during that period. In this paper, from the latter point of view, I consider the important roles of a village in the running of the school. Nevertheless I think that villages had no oower to the curriculum of the schools.
URI: http://hdl.handle.net/2261/1084
ISSN: 02880253
出現カテゴリ:東京大学教育学部教育行政学研究室紀要
東京大学教育学部教育行政学研究室紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00001511834.pdf922.59 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください