UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
東京大学教育学部教育行政学研究室紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/1093

タイトル: 社会改造主義における教育の自由 : 1930 年代の進歩主義教育の理論動向
その他のタイトル: Educational Freedom in Social-Reconstructionism : Theoretical Trend of Progressive Education in 1930'
著者: 佐藤, 修司
著者(別言語): Sato, Shuji
発行日: 1992年8月31日
出版者: 東京大学教育学部教育行政学研究室
掲載誌情報: 東京大学教育学部教育行政学研究室紀要. 12号, 1992.8, p.9-26
抄録: Social-Reconstructionists insisted on the chage of the social order by the school and acdemic freedom of teachers, in the social confusion after Great Depression in 1929. They thought that it was neccesary to build and liberate social intelligence of children for coping with the rapid social change and solving the large social problems in future. That measure was the discussion about socially controversial issues. But Social-Reconstructionists were to divide into two branches, that is tha Radicals and the Moderates about the people's right to control education and educational values which were thought to be conveyed by education.
URI: http://hdl.handle.net/2261/1093
ISSN: 02880253
出現カテゴリ:東京大学教育学部教育行政学研究室紀要
東京大学教育学部教育行政学研究室紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000126259.pdf1.87 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください