UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
東京大学教育学部教育行政学研究室紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/1094

タイトル: 教育の無償化と公教育制度の諸構想(上) : ニューヨーク市 1826-1832
その他のタイトル: A Study of Tution Fees and Public Schooling in New York City, 1826-1832
著者: 武川, 一彦
著者(別言語): Mukawa, Kazuhiko
発行日: 1992年8月31日
出版者: 東京大学教育学部教育行政学研究室
掲載誌情報: 東京大学教育学部教育行政学研究室紀要. 12号, 1992.8, p.27-34
抄録: In 1826,the New York Free School Society changed its charter and renamed itself as the New York Public School Society. Accompanied with this single substitution of Public for Free was a transformation of tution system. In this year, the Society firstly charged tution fees according to economic abilities of parents. But in 1832,only six years' experiences, this tution system was abandaned. In this study, I try to examine why the tution-system was changed between 1826 and 1832. Part 1 deals with rationales proposed by the Society, for and against tution fees. In Part 2,Special attention will be focused upon controversies between the Society and the Working Men.
URI: http://hdl.handle.net/2261/1094
ISSN: 02880253
出現カテゴリ:東京大学教育学部教育行政学研究室紀要
東京大学教育学部教育行政学研究室紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000126260.pdf742.53 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください