UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
東京大学教育学部教育行政学研究室紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/1097

タイトル: 教員人事における県教委-地教委の関係に関する一考察 : 「内申抜き処分事件」最高裁判決の評価を含めて
その他のタイトル: An Observation on the Relationship between Prefectural Boards of Education and Local Boards of Education on Teacher Management : through the Evaluation of the Decision of the Supreme Court on the Case, "Disposal without Statement"
著者: 大津, 尚志
著者(別言語): Otsu, Takashi
発行日: 1992年8月31日
出版者: 東京大学教育学部教育行政学研究室
掲載誌情報: 東京大学教育学部教育行政学研究室紀要. 12号, 1992.8, p.75-82
抄録: After World War II, it was decided that educational administration must be carried out in accordance with the principle of local autonomy. However, issues on distribution of power between prefectural and local boards of education exist concerning teacher management. In this paper, findings about the existing issues are organized and presented under the following titles : I Issues of Distribution of Power in Teacher Management 1. Issues about the Board of Education Law 2. The Reform by the Law for Organization and Management of Local School Administration II Legal Logic on the Decisions of the Case, "Disposal without Statement" III The Necessity of "Standardized Disposal" and its Contents
URI: http://hdl.handle.net/2261/1097
ISSN: 02880253
出現カテゴリ:東京大学教育学部教育行政学研究室紀要
東京大学教育学部教育行政学研究室紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000126263.pdf898.72 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください