UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
東京大学教育学部教育行政学研究室紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/1112

タイトル: 教育労働と自己組織性 : 立論のための予備的考察
その他のタイトル: The Educational Labor and Self-organity : A Preliminary Study for Theorizing
著者: 西口, 正文
著者(別言語): Nishiguchi, Masafumi
発行日: 1995年4月15日
出版者: 東京大学教育学部教育行政学研究室
掲載誌情報: 東京大学教育学部教育行政学研究室紀要. 14号, 1995.4, p.1-9
抄録: In this paper I discuss the need to observe the public educational labors in modern society as those in system-society, and that, as communicative labors. In order that the communication takes in the operation to relate functional rationality relatively, not to be captured within it, we need to pay attention to the concept of self-organity of the individual. The concept means, in other words, the expanding degree of freedom in a system, which has the self-reflection on intersubjective meanings within. When we pay attention to the concept, we can find a way to new significations and new enrichment of meanings for educational labors, which are not captured within the structure and function of the given pubic educational system and the given school personnel organization.
URI: http://hdl.handle.net/2261/1112
ISSN: 02880253
出現カテゴリ:東京大学教育学部教育行政学研究室紀要
東京大学教育学部教育行政学研究室紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000126284.pdf1.02 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください