UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
東京大学教育学部教育行政学研究室紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/1113

タイトル: 家計におけるポストバブルの教育費負担
その他のタイトル: Educational Expenditure of Family Finances in Post-"Bubble" Prosperity
著者: 塩野谷, 斉
著者(別言語): Shionoya, Hitoshi
発行日: 1995年4月15日
出版者: 東京大学教育学部教育行政学研究室
掲載誌情報: 東京大学教育学部教育行政学研究室紀要. 14号, 1995.4, p.11-18
抄録: What we called Bubble Prosperity began in the end of 1986,and ended in 1992. People had bought goods of higher grade in the times, and expenditure per household increased. Expenditures on education increased in particular. But consumers' behavior changed in post-Bubble Prosperity, and people came to prefer cheaper goods. Expenditures on education decreased significantly in 1993. But those who bring up their children feel heavier burden than ever with expenditures on education in post-Bubble Prosperity. In this paper, I tried to give the explanation of this contradiction. Though expenditures on education per household with children decreased, psychologically people spend money as largely as possible for education of their children.
URI: http://hdl.handle.net/2261/1113
ISSN: 02880253
出現カテゴリ:東京大学教育学部教育行政学研究室紀要
東京大学教育学部教育行政学研究室紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000126285.pdf656.5 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください