UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11656

タイトル: An Estimate of Future Tsunami Damage Along the Pacific Coast of Japan
その他のタイトル: 本邦太平洋沿岸各地に於ける津浪の危険度
著者: 高橋, 龍太郎
著者(別言語): TAKAHASI, Ryutaro
発行日: 1951年6月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第29冊第1号, 1951.6.25, pp. 71-95
抄録: Assuming that tsunami activity recorded during historic times is still continuing at present and will continue also in the future, the writer has estimated the degree of danger of tsunami for each village on the Pacific coast of Japan which may be expected in the future. Results are given in Fig. 2 and in Table III.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11656
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0291007.pdf1.14 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください