UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11674

タイトル: Seismometrical Study of the Imaichi Earthquake on Dec. 26, 1949. : The second paper
その他のタイトル: 今市地震の計測(第2報)
著者: 越川, 善明
著者(別言語): KOSHIKAWA, Yoshiaki
発行日: 1951年8月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第29冊第2号, 1951.8.30, pp. 295-299
抄録: The epicentre of second shock was located by the arrival times of P*, and compared with the epicentre obtained from P. They showed a fairly good concordance. The most probable values of coordinate of the epicentre are ψ=36°43'.7N and λ=139°39'.4E. The propagation velocity of P* obtained from the arrival times of the first shock and of the second shock turned out to be of nearly equal value, i.e. 6.0 km/s. h, the part of focal depth in the granitic layer of the first shock will be about 17km, so far as the arrival time of P at Utsunomiya is concerned. The thickness of the superficial layer ranges from 1.4km to 5km. Thus the focal depth of the first shock is estimated as 18km~22km. Accordingly, the focal depth of the second shock may probably be within the range from 14km to 18km.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11674
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0292007.pdf192.51 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください