UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11739

タイトル: 3. Geomagnetic Anomaly on Mt. Haruna and Its Relation to the Reverse Thermo-Remanent Magnetism of the Pumice Covering the Place.
その他のタイトル: 3. 榛名山の地磁気異常とその浮石の逆熱残留磁気との関係
著者: 横山, 泉
著者(別言語): Yokoyama, Izumi
発行日: 1953年4月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第31冊第1号, 1953.4.25, pp. 32-43
抄録: 1952年10月,11月にわたり,小型地磁気感応儀を用いて,榛名山の地磁気伏角を測定した。その目的は,既に,地球物理学教室の永田研究室により発見されたところの榛名山一帶に分布する浮石の逆熱残留磁気と,地磁気異常との関連を調べることである。二ツ嶽と水沢山との間の,浮石層に厚く蔽われていると思われる地域一帶に於ては,伏角分布の異常が明かに認められる。この異常は,二ツ嶽より噴出された浮石の逆帶磁に囚るものであることが略々結論された。然るに,榛名富士,二ツ嶽を夫々独立した円錐と見倣して,その山体の帶磁を求めると,正常な帶磁を得た。榛名山全休に就ても同じである。即ち噴出された浮石は逆熱残留磁気的であるが,これを噴出した山体は正常に帶磁しているという事が明らかになった。
URI: http://hdl.handle.net/2261/11739
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0311003.pdf565.24 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください