UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11744

タイトル: 8. Study on Surface Waves VIII. : Nomogram for the Phase Velocity of Love-Waves and Maximum Thickness of the Surface Layer.
その他のタイトル: 8. 表面波の研究VIII : ラブ波の位相速度を求める図表と表面層の厚さの極大値
著者: 佐藤, 泰夫
著者(別言語): Sato, Yasuo
発行日: 1953年6月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第31冊第2号, 1953.6.25, pp. 81-87
抄録: 1.ラブ波の伝播を研究する場合に,その速度は忘れる事のできない重要なものであるが,物質常数の分布に関するあらゆる組合せを与へて,これを計算し盡すといふ事は到底できない.そこで,上下二つの物貿内でのS波の速度比及び剛性率の比を与へた時に,ラブ波の速度と周期(もしくは周回振動数)との関係を与へる計算図表を作った.層内に一つも節のない場合を図版Iに,一つある場合を図版IIに示す.使用法は第3節と第1図から明らかであらう.正しい計算値と比べた時,精度はこの種のものとしてほぼ満足しうるものと思ふ.2.ラブ波の周期,速度及び上下の媒質内でのS波の速さ,剛性率の比を与へれば,表面層の厚さはもとより決定する.しかし,図表をみて気づく事であるが,ラブ波の周期と速度,それに加へて表面層内でのS波の速さだけをしれば,層の厚さがとりうる最大値は他の物質常数の如何にかかはらず決定する.この事は興味ある事と思ひ,そのための一二の計算とグラフとを用意した.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11744
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0312001.pdf305.01 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください