UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11751

タイトル: 15. Land Deformation of the Neighbourhood of Muroto Point after the Ncnkaido Great Earthquake in 1946.
その他のタイトル: 15. 1946年南海道大地震後における室戸岬近傍の地殻変動
著者: 岡田, 惇
永田, 武
著者(別言語): Okada, Atusi
Nagata, Takesi
発行日: 1953年6月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第31冊第2号, 1953.6.25, pp. 169-177
抄録: Leveling surveys of the neighbourhood of Muroto Point, Shikoku were carried out seven times after the Nankaido great earthquake in 1946. The results of the surveys together with those before the earthquake show that the remarkable northward tilting of this locality, about 6.2" in magnitude, accompanying the earthquake is has been gradually recovering, and the present rate of southward tilting nearly constant, being 0.035"/ year, which is almost equal to that for the pre-earthquake period. The main results are graphically represented in Figs. 4 and 5.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11751
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0312008.pdf455.83 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください