UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11755

タイトル: 19. Relation between the Nature of Surface Layer and the Amplitude of Earthquake Motions. II.
その他のタイトル: 19. 地震動振幅と地表層の性質との関係(第2報)
著者: 金井, 清
著者(別言語): Kanai, Kiyoshi
発行日: 1953年9月15日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第31冊第3号, 1953.9.15, pp. 219-226
抄録: 地表附近の構造は多くの場合に数層からなっている.筆者は,地表近くに少くとも2層ある場合の地震動の性質をしらべておく必要を感じ,前論文の数理的研究では,固体粘性を考慮に入れた解式を求めておいた.本論文では,前論文の解式に,実際問題に近い数値を入れた計算結果を報告する.一般に地表の振幅は第1層に同期する周期の波が来たとかに最も大きくなる.しかし,第1層が極端に薄い場合には,固体粘性の作用をうけて,この層の影響は余りあらあれない.地表面の振幅と周期との関係についての数理的研究結果と,自然微動の観測から求めた周期頻度との間には,相関性がありそうである.この問題については,今後研究を進めるつもりである.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11755
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0313004.pdf395.78 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください