UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11758

タイトル: 22. Examination of the Assumption of the Concentrated Mass in the Vibration of Framed Structure (Rahmen).
その他のタイトル: 22. 架構構造物の振動問題における集中荷重の仮定の吟味
著者: 金井, 清
著者(別言語): Kanai, Kiyoshi
発行日: 1953年9月15日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第31冊第3号, 1953.9.15, pp. 245-248
抄録: 架構構造物の振動問題を正確に解くことは,非常に繁雑なため,しばしば種々の仮定のもとに,簡易化した解法がとられている.この研究では,1層無限張間の架構構造物の固有周期を,集中荷重の仮定で求めた値と,正確な解法で求めた値とが,どのような場合に,どの程度に合うかをしらべた.その結果,かなり安心して使える実用計算式として(8)式が得られた.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11758
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0313007.pdf172.47 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください