UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11774

タイトル: 7. Theory of Eden's Twin Strips and Application of It to Magnifying Mechanism of Seismometer.
その他のタイトル: 7. エデン平行薄片の理論と地震計への応用
著者: 西村, 源六郎
鈴木, 正治
古川, 英一
著者(別言語): Nishimura, Genrokuro
Suzuki, Masazi
Furukawa, Eiichi
発行日: 1954年6月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第32冊第1号, 1954.6.30, pp. 87-111
抄録: Edenのtwin stripsはMillionthのComparatorに用いられている静的拡大機構である.これに関する理論は発表されていない.又その特性の実験的研究もみあたらない.本研究ではEdenのtwin stripsの静的特性と動特性を理論的に研究し,これが地震計に応用して充分に使用し得る事を述べ,かつ現在用いられている地震計の拡大機構にみられる欠点即ち機構の複雑性,部品間にあるがたや摩擦,製作の容易でない事,かさばる事,製作費のかさむ事その他の欠点をEdenのtwin stripsを用いる事によつて充分に除却し得る事を述べてある.又簡単に高倍率の地震計も求める事が出来るのであつて,これによる高倍率地震計を製作中である事を述べておく.尚振動工学方面へEdenのtwin stripsを用いた研究に関しては5年位前から著者達によつて行われて来ていて,可なり見るべき研究結果を得ている.例えば,家庭用ミシンの反動力の測定,工作機械特にgrinderの加工時の振動研究,又噛合時に於ける歯車の噛合誤差に関する研究,電蓄recordの針先摩擦についての測定,ミシンの始動トルクの測定,その他focal plane shutter写真機のtorsional momentの測定,或いはshutterの速度特性の研究等に応用している.これ等に関する報告は東京大学工学部記要,精機学会誌等の最近のものに発表し又近い内に出版されるものである.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11774
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0321007.pdf1.66 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください