UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11790

タイトル: 23. Anemometer of Inverted Pendulum Type and Wind Construction Studied with It.
その他のタイトル: 23. 逆立振子型風力計による自然風の観測に解析
著者: 西村, 源六郎
鈴木, 正治
著者(別言語): Nishimura, Genrokuro
Suzuki, Masazi
発行日: 1954年10月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第32冊第3号, 1954.10.30, pp. 313-339
抄録: 新型自記風力計と本計器を用いて自然風の観測結果の解析を行い,自然風の構造の研究を行った.本計器は逆立振子型自記風力計であって,週期,感度,抵抗係数,槓杆倍率,測定範囲等については次表に示す.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11790
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0323007.pdf2.06 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください