UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11801

タイトル: The 1950-1951 Eruptions of Mt. Mihara, Oshima Volcano, Seven Izu Islands, Japan. Part II. The 1951 eruption. : B. Activity of the third period.
その他のタイトル: 伊豆大島三原山昭和25年及26年の噴火その2 昭和26年の噴火 : B 第3期の活動
著者: Tsuya, Hiromichi
Morimoto, Ryohei
Ossaka, Joyo
著者(別言語): 津屋, 弘達
森本, 良平
小坂, 丈予
発行日: 1955年6月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第33冊第1号, 1955.6.25, pp. 79-107
抄録: 伊豆大島三原山の昭和26年の噴火は,第2期の活動[地震研究所彙報第32号,第3冊,昭和29年9月290-312頁]に続いて,同年4月2日以降6月28日に至る第3期の活動をもつて終つた.この第3期の活動の特徴は,三原火口内の新噴石丘に起つた間歇的の爆発性噴火と,同火口中央部の隆起丘(中央丘)及びその周辺に起つた著しい昇降変化とで,前年7月16日に始まつた,今回の噴火輪廻のうちの活動減退相を表わすものと考へられる.その経過から見ると,この活動は,更に3次,すなわち(1)4月2日-20日, (2)4月30日-5月7日, (3)6月9日-28日の各活動に分たれる.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11801
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0331007.pdf7.57 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください