UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11807

タイトル: On the Accuracy of Hypocentre Determination II.
その他のタイトル: 震源決定の精度について : 第2報
著者: Asano, Shuzo
著者(別言語): 浅野, 周三
発行日: 1955年8月10日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第33冊第2号, 1955.8.10, pp. 199-206
抄録: 第1報に於いて地震探鉱の利点を応用し,実際は既知である爆破点,爆破時刻を未知と仮定し,自然地震に於けると同様に最小自乗法により,それ等の量を定め,実際の値と比較し自然地震に於ける震源決定の精度に関する目安を得る事を試みたが,本報に於いては,その規模に於いて,より自然地震に近い爆破地震動研究グルーブの石淵第2回,第3回大爆破地震動観測の資料を用いて,第一報と同様な取扱いを試みた.この2回の爆破は殆んど同一地点で行われてゐるので,一つの爆破と見做し,又爆破点の深さ,観測点の高度に関しては,震源決定の精度に及ぼす効果の考察は省略したが,得られた結果と爆破地震動研究グループによって決定された地殻構造とを比較すると,震央と速度はよく定まり,震源発震時は,比較的表面層の影響をうけ易い等,第一報の結果を実際に確かめるを得た.更に震源決定に於いては,表面層よりも位相の対応が,より重要であると云う結果が得られた.勿論以上の結果は,地殻構造,観測点の配置,震源決定の方法等の点で,特別な条件の下で得られたもので,これ等についての考察は将来の機会を待ちたいと思つてゐる.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11807
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0332002.pdf364.06 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください