UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11808

タイトル: Human Susceptibility to Shock Vibrations of the Ground.
その他のタイトル: 衝撃による地動に対する人体威覚
著者: Kishinouye, Fuyuhiko
著者(別言語): 岸上, 冬彦
発行日: 1955年8月10日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第33冊第2号, 1955.8.10, pp. 207-210
抄録: 重い物体が落ちた時に起る地動を測定した結果を,医学又は生理学的の方から研究された正弦振動に対する人体感覚と比較し,更に地盤の異なる所で求められた震度階と地動加速度の関係とも比べた.その結果,衝撃性地動は正弦振動よりも人体には激しく感ずることと,震度階も土地の固有振動周期によつて加速度との関係は変はることを求め得た.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11808
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0332003.pdf177.56 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください