UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11809

タイトル: Relation between Seismic Intensity and Epicentral Distance. (2)
その他のタイトル: 震度と震央距経との関係(2)
著者: Sato, Yasuo
著者(別言語): 佐藤, 春夫
発行日: 1955年8月10日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第33冊第2号, 1955.8.10, pp. 211-220
抄録: 筆者は最近日本に起つた幾つかの大地震に際して,河角教授の指導の下に通信調査を行つて来た.その結果の一部は既に数年前に発表したが,その後に起つた四つの地震についての結果と,先には発表し得なかつた個々の震度の値を,震央距離を横軸にとつたグラフとして示す.河角教授及び御協力いただいた多数の方々に感謝を捧げる.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11809
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0332004.pdf259.85 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください