UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11813

タイトル: Range of Possible Existence of Rayleigh- and Sezawa-Waves in a Stratified Medium.
その他のタイトル: 表面層をもつ媒質内のRayleigh波と妹沢波の存在限界
著者: Yamaguchi, Rinzo
Sato, Yasuo
著者(別言語): 山口, 林造
佐藤, 泰夫
発行日: 1955年12月10日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第33冊第3号, 1955.12.10, pp. 265-273
抄録: 表面層をもつ媒質内を伝わる分散性Rayleigh波と妹沢波(M2波)の存在限界をしらべた.v,v'をそれぞれ下層,表面層のS波の速度とすると, (v/v')2=0.5, 1.0, 2.0,の代表的な場合については,λ/μ=λ'/μ'=1としたときの計算が既に金井によつて報告されている.ここではその方法に準じて,より精しく数値計算を行い図で見られるような結果を得た.これによつて存在限界の変動を明確に把えるとともに,上の代表的な場合をも充分に結びつけて理解することが出来た.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11813
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0333002.pdf358.98 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください