UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11814

タイトル: On Sezawa-waves (M2-waves). : Part II.
その他のタイトル: 妹沢波(M2波)について : 第2報
著者: Kanai, Kiyoshi
著者(別言語): 金井, 清
発行日: 1955年12月10日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第33冊第3号, 1955.12.10, pp. 275-281
抄録: 妹沢波の実在範囲と表面層内における変位分布を詳しくしらべた.その結果として,妹沢波が,半無限体の上に表面層がある場合のレーレー型の波の高次の波にあたるものではないことが一層はつきりした.実際の地震記象から分散曲線を作る場合には,読みとられた最大の波長から先は適当にひきのばされる.この場合に,古くから知られているレーレー型の波の分散曲線の形になるように処理されるのが普通である
URI: http://hdl.handle.net/2261/11814
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0333003.pdf324.83 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください